FC2ブログ

久々に来たオルカス島にて

NYではその後、悪天候でフライトのキャンセルなどいろいろあり。
能楽師 山井綱雄さん、高橋忍さん達と一旦お別れして、私は大都会のNYCから、スーザン・オズボーンさんの住むワシントン州サンファン諸島のひとつオルカス島へ。
乗り物乗りつぎ全移動時間18時間くらい(待ち時間含む)。
出来そうかな〜と軽く考えてたけど、実際動いてみるとかなりキツかった。
アメリカの広さを身にしみて感じ、疲労困憊でオルカス島に着いてから1日中眠り続けました(汗)。
自分の体力、日頃からもっとつけなきゃ。今回は特に痛感です。


オルカスは島のパワーが強くて、その昔ネイティブアメリカンが、住むのではなく埋葬のセレモニーの為に選んだ島と言われています。そんなパワーに引きつけられるように現在はアーティストやファーマー達が住んでいます。
信号機が一つもなくストップサイン(一時停止の標識)もまばらな、自然豊かな島。

そんなオルカスでスーザン・オズボーンさんとのデュオライブ。
orcas2015_1.jpg

ロザリオというとても歴史のある素敵な建物での演奏です。ピアノも1900年製(!)のスタンウェイ。
orcas2015_3.jpg

今回のオーディエンスは、ここに偶然来ていた方が多く、最初は「何が始まるんだろう?」という感じの雰囲気でしたが、、
orcas2015_2.jpg

今回飛び入りでオルカス在住のギタリスト ジーン・ネリーさんも時々参加されてジョージベンソンばりに弾き歌いを。
私のピアノとのアンサンブルも粋に楽しく!スーザンの歌声と共に会場の皆さんも一緒に音空間を共有出来たんじゃないかなと思います。
orcas2015_4.jpg

スーザンのオリジナルやアメリカンスタンダードもたっぷりやりつつ、「花は咲く」「赤とんぼ」など、いまの日本のこころもスーザンとデュオで演奏。日本から来たジャズピアノ弾きとしてただ西洋のジャズをやるだけでなく、そこに日本人音楽家だからこその何かを少しでも伝えられたらと思っています。

さてさて、ライブ明けの今日はスーザンがカレーを作ってくれるそう!
こっちのカレーってどんなだろう?久々のライス系食事(パン系でなく)に心躍るわたくしです。



プロフィール

木原健太郎(きはけん)

Author:木原健太郎(きはけん)
北海道釧路市出身。
バークリー音楽大学卒業。
在学中に「バークリージャズパフォーマンスアワード」を受賞。
帰国後、ピアノソロをはじめ、弾き歌いからビッグバンドスタイルまで様々な形態で10数枚のアルバムを発表。ライブは海外でも開催し高い評価を受ける。

ギタリスト・押尾コータロー、アースミュージックシンガー・スーザン・オズボーン等、様々なアーティストとの競演、レコーディング多数。
能楽師 山井綱雄とのコラボユニット「縁~enishi~」や、津軽三味線奏者 山口ひろしとのコラボユニット「去来~CoRai~」でも活動。
2019年は雅楽とのコラボライブでも活動。

作曲家として合唱曲からJ-POP、NHKラジオドラマ、TVアニメーションまで幅広いジャンルの楽曲提供、音楽監督として舞台・TV等でも活動。

主なTV出演(音楽監督、編曲、ピアノ演奏)
「NHK SONGS ディズニースペシャル」「NHK BS The Covers 井上芳雄」
「テレビ朝日ミュージックステーション 昆夏美&山崎育三郎 “美女と野獣”」等。


TV&DVDアニメーション劇伴
「オーレエクセル in motion」「ロビンくんと100人のお友達」等。

音楽系の舞台
Disney D23 Expo Japan 2015, 2018(於:アンフィシアター)。
中川翔子クリスマスディナーショー2018, 2019,(音楽監督、編曲、演奏)、

NHKラジオドラマ
木皿泉脚本「ぱきゅん」(2019)等


いずれのジャンルでもジャズの要素とメロディアスなピアノが組み合わされた、聴く人の
ココロに寄り添う音世界を様々な形で表現している。

ライフワークの「きはけん流 “音育” ジャズピアノレッスン」は故郷 北海道で毎月開催し
今年で7年目を迎える。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR