FC2ブログ

ただ純粋に聴けること。

僕が参加した作品の中で、、、

最近リリースになったものの1枚。
元ルクプルの藤田恵美さんのニューアルバム「ココロの食卓」。
僕は2曲参加させていただいていて、、、
最近、家で聴いたり、車に乗る時に聴いてます。

こういう職業やってると、音楽をいわゆる職人的に聴く時が多くなる。そういうつもりはないのに、やたらと分析していたり。
そういうのにハっと気づいて、どうもそういうのはなぁ、、、と自分で思ったりすることがある。そもそも音楽は分析してなんぼのものじゃない。音楽とともに、自分の気持ちが変化したり、思い出がよみがえったり。その人に寄り添っているもの、そういうのが音楽だと思う。

で、この「ココロの食卓」。自分の中でなんだけど、そういう分析だとか変に頭で考えたりだとかが良い意味で全くない。
なんかなごみながら聴いている。

僕のお気に入りは3曲めの「乙女のワルツ」(って自分が参加してる曲も好きですよ~もちろん)。
昔の曲らしいけれど、僕は初めて聴いた。
イントロのストリングスとギターのシンプルなイントロがなんともノスタルジーに感じて。。イイ。
これ聴いてると、昔、自分が小学校の時だったかな、松山千春さんとか当時の長渕剛さんとか聴きながら、父親と、時には家族で道東をドライブしていたのを何故か思い出す。。
どこに行くとか目的もそんなになく、よくドライブしていたっけ。。道東の湖を見に行ったり、草原のなかの道を走ったり。そこには牛がいて牧場があって、牧場独特の匂いもしたけど、広々してて、空が広くて、遠くに山が見えて。。なんかそんなことをしきりに思い出した。

音楽ってそういうものだよなぁ、と思う。仕事柄時々音を分析している自分がなんか違って思えた。

音楽の本質を改めてハっと気づかされた。。僕の中で、藤田恵美さんの今度のアルバムは、そういう存在。
とってもイイですよ。是非聴いてみてください。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

木原健太郎(きはけん)

Author:木原健太郎(きはけん)
北海道釧路市出身。
バークリー音楽大学卒業。
在学中に「バークリージャズパフォーマンスアワード」を受賞。
帰国後、ピアノソロをはじめ、弾き歌いからビッグバンドスタイルまで様々な形態で10数枚のアルバムを発表。ライブは海外でも開催し高い評価を受ける。

ギタリスト・押尾コータロー、アースミュージックシンガー・スーザン・オズボーン等、様々なアーティストとの競演、レコーディング多数。
能楽師 山井綱雄とのコラボユニット「縁~enishi~」や、津軽三味線奏者 山口ひろしとのコラボユニット「去来~CoRai~」でも活動。
2019年は雅楽とのコラボライブでも活動。

作曲家として合唱曲からJ-POP、NHKラジオドラマ、TVアニメーションまで幅広いジャンルの楽曲提供、音楽監督として舞台・TV等でも活動。

主なTV出演(音楽監督、編曲、ピアノ演奏)
「NHK SONGS ディズニースペシャル」「NHK BS The Covers 井上芳雄」
「テレビ朝日ミュージックステーション 昆夏美&山崎育三郎 “美女と野獣”」等。


TV&DVDアニメーション劇伴
「オーレエクセル in motion」「ロビンくんと100人のお友達」等。

音楽系の舞台
Disney D23 Expo Japan 2015, 2018(於:アンフィシアター)。
中川翔子クリスマスディナーショー2018, 2019,(音楽監督、編曲、演奏)、

NHKラジオドラマ
木皿泉脚本「ぱきゅん」(2019)等


いずれのジャンルでもジャズの要素とメロディアスなピアノが組み合わされた、聴く人の
ココロに寄り添う音世界を様々な形で表現している。

ライフワークの「きはけん流 “音育” ジャズピアノレッスン」は故郷 北海道で毎月開催し
今年で7年目を迎える。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR